高湯温泉

English

高湯よもやま話

高湯よもやま話

高湯温泉の歴史や出来事など…

高湯温泉~源泉かけ流し宣言・全国温泉地サミット参加

2010/07/04 | 永山博昭

こんにちは、第6回源泉かけ流し宣言・全国温泉地サミットに参加してまいりました。会場の奈良県十津川村は、果てしなく遠い所でした。

こころざしあって合併をせず、村を維持してきたという地域だけあって、なかなか興味深い旅となりました。

朝8時頃に高湯を出発して順調に進行していたのですが、羽田発の飛行機が南紀白浜空港に着陸できず、関西空港に降りました。白浜温泉が見えるところまで下降したのですが、雲が低くて安全な着陸が不可能とのことでした。 [全文を表示]

高湯温泉と吾妻のエゾハルゼミ

2010/06/09 | 永山博昭

毎日良い天気が続きます。高湯温泉は初夏の爽やかな季節となりました。 [全文を表示]

高湯温泉と春の収穫~山菜2

2010/05/23 | 永山博昭

昨日は夏日でしたが、今日は薄ら寒くストーブ焚いています。山の緑はたちまち芽吹き始めて、全山ライトグリーンで覆われてきました。

標高と共に地竹のシーズンとなり、収穫は芽吹きを追いながら上へと登って行きます。

写真はカンゾウです。白い部分を湯通しして使います。カンゾウ(甘草)とも書かれる場合もあり、独特の香りが少しあります。エグ味と感じる方もいるので、酢味噌和えのヌタで仕上げるのがよろしいでしょう。イカなどと和えると食べ応えが出ます。葱のヌタと同様の扱いですね、萱などに覆われて白い部分が長い方が美味しいです。 [全文を表示]

高湯温泉と春の収穫~山菜1

2010/05/16 | 永山博昭

こんにちは、冷え込みが戻りまして今朝の浄土平では樹氷が見られました。

寒波で山菜の出が遅くなり、連休後半から木の芽の収穫時期となりましたので、タラノメも取り残しが道路脇に見ることができました。収穫競争率の高いタラノメが残ってるなんて、例年ではありえない風景でしたね。

画像山菜写真はニワトコといいます。陽当たりの良い藪などに生え、ブロッコリーの様な花芽の塊ができますが、花芽の無い男木もあります。 [全文を表示]

高湯温泉~春山の収穫フキノトウ

2010/03/02 | 永山博昭

昨日から磐梯吾妻スカイラインの除雪が始まりましたが、高湯の今朝は結構な量の降雪がありました。春雪の湿った雪で、スコップで持ち上げると重いこと。3月の高湯はまだ冬の季節です。 [全文を表示]

高湯温泉共同浴場「あったか湯」利用者数61万人突破

2010/01/10 | 高湯温泉観光協会

<人気の源泉かけ流し共同浴場>
高湯温泉旅館協同組合で運営管理する共同浴場「あったか湯」は、平成15年4月にオープンしましたが、昨年12月に利用者数61万人を超しました。毎年約9万人のペースでの利用者があります。
[全文を表示]

高湯温泉と吾妻の冬キノコ <2>

2009/12/24 | 永山博昭

福島市側から見る吾妻連峰は庭塚地区を麓として、標高200メートルの上姥堂から標高1949メートルの一切経山まで一気に立ち上がる山塊である。
標高1600メートルの浄土平までは県道70号線と磐梯吾妻スカイラインを使い、福島駅西口からわずか1時間で到着する。つまり走る毎に標高差による植物景が車窓から見る間に変わり、ドライブには飽きさせない風景が続くわけである。
[全文を表示]

前のページへ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 次のページへ

最新記事はこちら

高湯温泉フォトギャラリー