高湯温泉

English

高湯よもやま話

高湯よもやま話

高湯温泉の歴史や出来事など…

高湯温泉「温泉神社と薬師堂」

2016/06/20 | 永山博昭

高湯温泉の開湯は慶長12年(1607年)と言われており、その根拠は湯銭という年貢を支払った証文にある。つまり400年前には税金を支払うべき営業形態が高湯にあったという証である。

さてこの温泉神社はもともと源泉滝乃湯の西側石垣の下にあった湯殿神社(ゆでんさまと読む)が起源である。慶長の開湯前からあったと伝えられ、つまり当時の共同浴場滝ノ湯の上手に見下ろす位置にあった。現在の場所に移動したのは磐梯吾妻スカイラインの道路工事と共に移転された。 [全文を表示]

高湯温泉 春の芽吹きと収穫

2016/05/04 | 永山博昭

芽吹き真っ最中の高湯で採れる山菜は?まず山菜の王様タラノメ。震災以降、採る方が減っているので普通に道路脇に見ることが出来ます。天ぷらも良いですが、パン粉を付けて揚げるカツも美味いですよ。 [全文を表示]

高湯温泉 冬の日の安達屋旅館2

2016/02/14 | 永山博昭

高湯温泉で一番の大きさを誇る露天風呂「大気の湯」。一番奥から入り口方面を見る。途中に打たせ湯や寝湯、洞窟風呂などがあり、ここ手前が深くてゆったり入浴できる場所である。 [全文を表示]

高湯温泉 冬の日の安達屋旅館

2016/02/09 | 永山博昭

冬晴れの安達屋旅館、14時のチェックインの時間を目指してお客様が集まりだす。道路向かいの共同浴場あったか湯にて小休止しながら時間をつぶす方もおり、チェックアウトの翌11時までの21時間の滞在時間をを十分に楽しもうとしている方々である。季節によっては3食付き24時間プランも企画しており、2泊とは違った寛ぎを提供している宿でもある。 [全文を表示]

高湯温泉 冬の日の旅館玉子湯

2016/01/24 | 永山博昭

清掃日なので誰もいません。もったいないと思いながらも湯花の付着する硫黄泉ならではの必要なメンテナンス日。高湯ではどこの施設でも必ず週に1回は清掃休業日があります。 [全文を表示]

高湯温泉の夜の風景

2016/01/13 | 永山博昭

高湯の冬の夜。
路線バス終点停留所より雪を踏みしめ宿を目指してみると、ポッと現れる森の中のホテルの光に安堵を感じます。市街を一望に見下ろす開けた高原の立地は、山峡にある高湯の温泉施設の中でも特別ですね。 [全文を表示]

高湯温泉 白濁湯の謎

2016/01/09 | 永山博昭

画像は開館前のあったか湯浴槽画像。浴槽底が見える薄濁りですね。これから入浴者によって湯が撹拌されて湯花が発生して、お昼にはいつもの高湯の白濁湯になります。前日営業終了後にお湯を抜いて清掃していますので朝一のサラ湯は濁りが少ないです。 [全文を表示]

前のページへ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 次のページへ

最新記事はこちら

高湯温泉フォトギャラリー