高湯温泉

English

高湯温泉紀行

高湯温泉紀行

高湯はじまり編・晩秋の一切経山を訪ねて

2016/10/某日

信仰の山、吾妻山に神秘の湖を訪ねて

 山形県と福島県の県境に位置し、西吾妻山を最高峰に家形山、烏帽子山、東吾妻山、一切経山など2,000m級の山々が連なる「吾妻山(吾妻連峰)」は、その勇姿から古く山岳信仰の対象とされてきた。山内には今なお“賽の河原”や“天狗山”、“浄土平”、“蓬莱山”、“一切教山”、“経蔵ヶ沼(五色沼)”、“神蛇ヶ沼(鎌沼)”といった修験道にちなむ地名が数多く残されている。

 吾妻山への登山口でもある高湯温泉の程近くにも、三途の川のほとりで亡者の衣類を剥ぎ取るという、“姥神信仰”に基づく“姥堂”の地名や、疫病退散や国家平安など、不動明王信仰に関わる「不動滝」がある。以前紹介した「安達屋」(詳細はこちらのブログを参照)の玄関前にある“吾妻山”の石塔は、かつて奥の院に行けない人々の遥拝所でもあったようだ。
 吾妻山の“浄土平”(詳しくはこちらのブログを参照)の名は、高原植物であふれかえる季節に、極楽浄土を重ねたとも言われる。いずれにせよ、下界と一線を画す聖なる山域への畏怖がそこには込められている。
 人と自然との長いつきあいの中で、我々は山に何を見つめ、登拝してきたのだろうか。古き時代と今とを繋ぐ、その心底に流れる祈りとは何だろうか。そんな想いを再燃させるニュースが突然、飛び込んできた。山が長い眠りにつく冬間近の晩秋、「一切経山 いっさいきょうざん」の噴火警戒レベルが引き下げられ、一部のコースで入山が可能になったという。胸に灯る想いの答えを見出すべく、一切経山の山頂から望む“魔女の瞳”こと、神秘の「五色沼」を目指すことにした。
[全文を表示]

吾妻の紅葉巡り・花月ハイランドホテルと浄土平散策②

2015/10/某日

眺めと湯の贅沢が待つ、天空の宿

 紅葉狩りも早くも終盤。今年最期の“見納め”を、どうせなら欲張りに満喫しようと、眺めの良さが評判の花月ハイランドホテルを再訪。ロッジ風の旧館とホテル風の新館が並ぶ近代的な施設に加え、高湯温泉の最奥、見晴らしの開けた高所に位置するホテルは、季節や時間帯によって変わる吾妻連峰のダイナミックな景色が一望できる。今回は、ここを拠点に浄土平の湿原をさらに攻略する予定だ。

 到着早々、またもや前回を彷彿とさせる雨模様。連れと2人、少々、落胆した気持ちで案内された部屋は、雄大な山景を見渡すゆったりとした角部屋。残念ながら窓の外に広がる視界はゼロだが、贅沢なその開放感に、連れのテンションも少し持ち直したようだ(笑)
 気を取り直して食事の前に、まずはひと風呂。近代的な造りと対象的に、湯浴み棟へと続く木造りの長廊下は、いかにも山の宿らしい風情あふれる佇まい。途中には、「湯あみ花月菩薩」を祀る祭壇や、“信夫高湯”と呼ばれたかつての高湯温泉街の古い絵図など、興味深い資料も展示されている。
 ここ数年、ホテルでは大浴場をはじめ露天風呂や家族風呂が次々と改修され、誰にでもやさしいバリアフリーになったようだ。リニューアルにより名前も変わった大浴場「山の湯」は、その名のとおり自然林に囲まれた、蒼い湯色に映り込むカラフルな紅葉がオパールのように神秘的な煌きを放っている。源泉かけ流し、加水加温なしの100%天然温泉を誇る高湯で、この湯船の大きさを楽しめることは、まさに最高のもてなし。湯上り処には、医療器具としても使用されている治療機も設置され、山歩き後の疲れを癒してくれる。
[全文を表示]

吾妻の紅葉巡り・静心山荘と浄土平散策①

2015/10/某日

居心地懐かしい、愛情手料理と人肌湯の宿

 台風の影響による大雨の猛威から、まだ日も浅い10月初旬。吾妻の紅葉は、例年より1週間程早く見頃を迎えたという。浄土平の秋は短い。つい先頃、訪れたとはいえ(詳細はこちらのブログを参照)、今年の色付きはなかなかに鮮やからしい。これを見ない手はない。
 深まる秋に急かされ訪ねたのは、以前、日帰りでお世話になった「静心山荘」(詳細はこちらのブログを参照)。メインストリートから少し入り組んだ小道を入った山の斜面に建つ宿は、高湯でも珍しい“ぬる湯”が評判だ。
[全文を表示]

晩夏の高湯遊び・安達屋と吾妻小富士

2015/09/某日

私邸気分で愉しむ、貸切風呂の宿

 突然だが、自分に順番が回ってくるという意味で使われる“お鉢が回る”という諺の由来をご存知だろうか(笑)。ここで言う“お鉢”とは、飯櫃(めしびつ)のこと。大人数で食卓を囲んだ昔、飯をよそう順番がなかなか回ってこないことから生まれた言葉だ。
 季節はまもなく新米シーズン。頭を深く垂れる稲穂の景色に、そんなたわいのない会話を連れと交わしながら車を高湯へと走らせる。緑がまだ残る9月。紅葉シーズンまでしばし静けさを取り戻した吾妻の山里に、今回は福島の“飯櫃”ならぬ“すり鉢山”こと、「吾妻小富士」を訪ねる計画だ(笑)。
 温泉に近付くにつれ、図らずもまた自称、雨男の本領発揮(笑)。鈍色の空がどんよりと重さを増し、やがて車内に朗々と雨音が響き始めた…。不機嫌になる連れの傍らで、開き直りの笑いを押し隠す(笑)。

 到着した「安達屋」で、傘を持って出迎えてくれた宿の方に「またお世話になります」と挨拶を交わし、強まる雨足に小走りで中へ。ここを訪れるのは2度目(詳細はこちらのブログを参照)。時の流れを一気に引き戻すランプの灯りもやさしい館内は、あの時と同じ、旧交をあたためる知人宅のよう。チェックインの後、囲炉裏の炭火に手をかざしながら、おもてなしの甘茶でまずは一服。ラウンジの一角に設けられた「花ゆかた」コーナー(レンタル料300円)では、母娘らしい先客が柄と帯の組み合わせで悩んでいる。「安達屋」は、懐かしさの延長にある非日常感の演出が巧みだ。
 案内された部屋は貸切露天風呂にも近い場所。この宿に泊まる醍醐味は、何といっても、その贅沢な風呂施設にある。館内には男女別の内湯の他に、名物の大露天風呂と貸切風呂が3ヶ所。もちろん、そのすべてが白濁した自慢の硫黄泉の源泉掛け流し。まずは、改装したばかりの貸切風呂「ひめさゆり」へ。
 シックな色合いで統一された風呂は、2人連れや、ちいさな子供のいる家族に丁度良いコンパクト感。内湯スタイルだが、開け放した窓の外には坪庭も見え、私邸気分を満喫できる佇まいだ。館内の貸切風呂は利用料も無料(!)。そのまま単身、はしご湯した男性用内湯「不動の湯」は、映画のセットを思わせるレトロな造りで私の密かなお気に入り。先客なしの独り占めも手伝い、雨の憂いも忘れどっぷりと楽しんでしまった(笑)。
[全文を表示]

秘蔵のぬる湯と創作料理、静心山荘

2015/03/某日

「静心山荘」は、その名がすべてをあらわす、まさに静けさと向き合う秘蔵の湯宿。玄人ファンが多いことでも知られる宿は、吾妻屋の先にある坂道を100m程登った先にひっそりと佇んでいる。アプローチは車1台がやっと通れる程の道幅で、雪が迫る冬は急カーブで身動きができなくなることもあるらしく、何度か重機による救出劇?(笑)が行われたこともあるという。
 山の斜面に建つ宿は、幾つかのログハウスが廊下で繋がる造りだ。特徴は何といっても自然林を擁する4,000坪もの広い庭だろう。緑の季節には別天地のような美しい景色に包まれ、爽やかな高原の風のなか、屋外での食事も楽しめるという。
[全文を表示]

前のページへ | 1 | 2 | 3 | 4 | 次のページへ

高湯温泉フォトギャラリー