高湯温泉

English

高湯温泉紀行

高湯温泉紀行

緑滴る初夏の癒し湯、ひげの家と浄楽園・中野不動尊。

2021/06/某日

万緑の別天地で、高湯デトックス

梅雨入り間近の初夏。久しぶりに訪れた高湯は、不穏なご時世を忘れさせてくれる眩しい万緑。メインストリートから少し外れた場所にこじんまりと建つ「ひげの家」は、高湯では「吾妻屋」とともに日本秘湯を守る会の会員宿のひとつだ。
したたる緑に埋もれるように現れた料亭風の風雅なエントランスをくぐり、「お世話になります」とフロントへ声をかける。オリエンタルなインテリアでまとめられた洒落たロビーには純白の芍薬やユキザサなど、花好きの女将らしい涼花があしらわれている。
宿は2016年、顧客の需要に応え、高湯で唯一となる露天風呂付客室を新たに加えリニューアルしたようだ。

琉球畳の小上がりと、重厚なカルバン ジョルマー二の本革ソファ。シモンズ製セミダブルベッドの向こうに広がるテラスには青白い湯色をたたえた露天風呂がラグジュアリーな景色を奏でている。風呂へと続く動線にはガラス戸で仕切られたシャワールームも見え、その佇まいはまさにホテルライク。景色に面した窓にカーテンはない。代わりに設けられたスマートなロールスクリーンが部屋の開放感をさらに際立たせている。
もちろん、露天風呂は贅沢な源泉かけ流し。「これはもう、部屋から出たくなくなっちゃうね」と連れ。別天地のようなこの場所で、デジタルデトックスも悪くない。
[全文を表示]

冬ごもりの雪見露天、玉子湯

2019/01/某日

降り積もる雪と時代の中で

 2019年冬。いよいよ春に迫った改元を控え、今年は気候もお祝いムードなのか暖冬のようだ。それでも、豪雪地帯として知られる高湯は雪見露天に事欠かない十分の量らしい。「高湯遊びの真骨頂は冬にある」と、賞賛されるこの季節は、筋金入りの “温泉通” がこの湯を目指してやってくる。
 高湯の中でも、その歴史と佇まいで愛される風呂が「玉子湯」(詳しくはこちらのブログを参照)の湯小屋だろう。平成最後の訪問となる今回、150年の時代を見つめてきた湯小屋で原初の温泉湯治に想いを馳せる旅も悪くない。
 空は時折、雪がちらつく “好天候”?(笑)。標高が上がるに従いその粒も細かさを増し、周囲の山林は梢の先までレース細工のように縁どられている。車窓に広がるひっそりと静かなその光景に「雪見日和ね」と連れが笑う。
 「玉子湯」に到着したのは夕方前。とはいえ、雪明かりのせいか辺りはほんのりと明るい。駐車場に車を停めたとたん、宿の方が「お荷物をお持ちします!」と走り寄ってくる。空は相変わらずの凍空。春の遠さを感じさせる細かな乾雪が思い出したように、時折ふわりふわりと舞い降りてくる。
 チェックインの後、案内された部屋は、客の到着に合わせ暖房がつけられ、すでに快適な室温状態だ。縁側の窓の外には絵画のように切り取られた山の雪景色が広がる。眼下には砂糖菓子のような、ぶ厚い雪に覆われた庭園に埋もれるように萱ぶき湯小屋がひっそりと佇んでいる。物語の世界のような無垢なその美しさに魅了され、早速、部屋に用意された浴衣に丹前を羽織り、その時代湯へと向かう。

物語の世界にひたる雪見4湯

 「玉子湯」の屋号は文字通り、ゆで玉子のようなにおいを持つ高湯温泉の硫黄泉から名付けられている。1868(明治元)年に建てられた同名の萱ぶき湯小屋「玉子湯」の築年数は150年。この地で最も古い建物であるとともに、長い歴史を誇る宿の希少な時代遺構でもある。
 湯小屋へは、濛々と湯気を上げて流れる須川に架かるちいさな橋を渡る。入口から左右で男女に分かれた内部は、脱衣所と浴槽が同じ空間にあるかつての湯治場の面影をそのまま残している。硫黄成分の強い高湯の温泉ガスを外へ逃すため、建物の天井部分にかけては柱や梁がむき出しとなった壁のない造りだ。この構造は高湯の他の内湯でもよく見られ、それだけこの地の湯の力強さを物語る証明でもある。
 訪れた時間帯は、誰もいない貸切状態。屋内のせいか、ここの湯はいつも穏やかで静か。そのぶん時間がゆったりと流れ、タイムスリップしたかのような不思議な感覚になる。濡れた木肌の風合い、風にカタカタとなる昔硝子。私の動きに合わせ湯船の底からふわりと舞い上がる白い湯花は、高湯の湯に見るもうひとつの雪景色だ。時折、天井の隙間から迷い込んだ粉雪がチクチクと肩を刺すのもまた愉快。それも、高湯で味わう冬の愛嬌だろう(笑)。
 湯小屋を出た外は、美しいスノードームの世界。ここから道を少し下った先には女性専用露天風呂「瀬音」が続き、その先には時間帯で男女入替えになる野天岩風呂「天渓の湯」「天翔の湯」もある。天候のせいか今日は道を行く人影もない。はだけた浴衣の襟元を手で押さえ、小雪が舞う中、小走り気味に露天風呂へと急ぐ。
 屋根があるとは言え、野天岩風呂の脱衣所は吹きさらしに近いワイルドな開放感(笑)。冷たい北風に意を決し潔く浴衣を脱ぎ捨て、急ぎ足でどぶん、と湯に身を沈める。いつのまにか辺りはすっかり日が落ち、石灯籠のオレンジの光が青白い雪を照らし出している。自然界がこの季節、人に授けた氷と熱の恵み。両極の贅を味わうこの情緒もまた、たまらない。
 本館へと戻る途中、融雪された通路を歩きながら深い雪に覆われた萱ぶき湯小屋の風情に思わず足が止まる。本館へと続くこの道は、かつて冬の農閑期、布団に味噌や米を担いだ人々が、湯治のために往来した高湯のメインストリートだったという。音もなくしんしんと降る雪に包まれ、かつてこの道に響いたであろう賑やかなざわめきに遠く想いを馳せる。
[全文を表示]

初冬の湯三昧・安達屋、花月ハイランドホテル、玉子湯

2018/11/某日

いざ、湯煙が誘う冬の高湯遊びへ

 紅葉も過ぎ、高湯に本格的な冬の足音が聞こえ始めた11月下旬。静けさを取り戻した温泉街の情緒を求め、高湯の開湯を見つめてきた創業400年の老舗宿「安達屋」を再訪。
 「安達屋」と言えば圧巻の大露天風呂が人気だが、椿のステンドグラスや石像の湯口が昭和レトロな男性大浴場「不動の湯」も、捨てがたい魅力がある。平成最期の冬となる今冬、変容する時代へ想いを馳せる旅に、これ以上に似合う風呂もないかもしれない。

 今回お願いした客室は、いつもと少し趣向を変えた畳にベッドの和洋室。腰壁に施された洋風の壁紙や、カーブを描いた下がり壁が洒落た雰囲気だ。古き良き湯治場の面影が今なお残る高湯で、伝統的な和のリゾートウェアの浴衣でごろん、とベッドに寝転ぶ愉快(笑)。むろん、宿には丁寧な清掃としつらいで快適さを整えた昔ながらの和室もある。気分や予算に合わせた過ごし方で楽しんでいただきたい。
 冬至へと向かうこの季節。夕方も4時をまわればぐっと冷えてくる。辺りにまだ目立った積雪はないものの、手招きする露天風呂の湯煙に負け早速、貸切風呂の湯浴みへ(笑)。
 贅沢な広さと風情を誇る「安達屋」の貸切露天風呂「薬師の湯(一の湯・ニの湯)」は夜10時までは要予約(1組50分・無料)。フロントに申告すれば鍵を貸してくれる。それ以降の深夜12時まで、また朝の5~7時は一般開放され、宿泊客なら自由に楽しめる。ちなみに光の移り変わりが楽しめる日没前後は、個人的にイチ押しのおすすめタイムだ。
[全文を表示]

夏の浄土平湿原・吾妻小富士と静心山荘の寛ぎ

2018/07/某日

雲上の絶景、磐梯吾妻スカイライン

 記録的な猛暑となった今夏。高湯温泉と土湯峠をつなぐ山岳観光道路、磐梯吾妻スカイラインの途中にある「浄土平」(標高1,600m)は、市街地より約10℃も涼しい人気の避暑スポット。ここは美しい景観で人気の「鎌沼」や「景場平」、「一切経山」、「五色沼(別名“魔女の瞳”)」等のトレッキングコースの起点としても知られている。「浄土平」には駐車場やレストハウスを囲むように「浄土平湿原」をはじめ「吾妻小富士」、「桶沼」といった1~2時間程度でまわれる見所も集中し、ドライブがてらの観光にもおすすめ。今回はこの「浄土平」の魅力についてあらためてご紹介したい。

 ちなみに高湯温泉は、福島駅から国道70号線経由で約20km西に進んだ吾妻山の中腹、標高750mの高地にある。スカイラインの北の玄関口でもある高湯温泉は、「浄土平」観光の拠点にも便利だ。
 “日本の道百選”にも選ばれた磐梯吾妻スカイラインの平均標高は1,350m。雄大な吾妻連峰を縫うように走る“空の道”は、全国のバイカーによる国内ベスト6のビューロードにも選ばれ、素晴らしい絶景が楽しめる。
 そのひとつ「つばくろ谷」は必見の景勝スポット。深い峡谷に建つ高さ84mのアーチ橋からは山側に不動滝の姿が、谷側に折り重なる翠の山嶺と福島の市街地が遠望できる。「つばくろ谷」はスカイラインの中でも屈指の展望とあって、駐車場やトイレも完備。紅葉シーズンには平日も多くの観光客で賑わいを見せる(写真は紅葉時のもの)。ここに来たらぜひ、車を降りダイナミックなパノラマを楽しんでいただきたい。
 そこから少し先、「天狗の庭」と呼ばれる見晴らしスポットを過ぎると辺りの雰囲気は一転。緑は忽然と姿を消し目の前に岩だらけの荒涼とした風景が現れる。「硫黄平」だ。ここは、今も活発な火山活動を続ける山の息吹を感じるエリア。周囲は濃厚な火山ガスが立ちこめ駐停車はもちろん、窓を開けることも禁止されている。“生”と“死”が隣り合うその景色は、目と鼻の先にある「浄土平」の名を一層印象付ける。
[全文を表示]

春の吾妻・雪の回廊・花見処

2018/04/某日

待ち焦がれた目覚めの春へ

 全国で続々と夏日を記録した3月。4月に入っても温かい日は続き、東北地方でも例年より10日から1週間程も早い桜の開花宣言となった。異例の暑さに高湯の雪解けも加速するかと思いきやそこは三寒四温、凍て返りの吾妻の春。開通直前の降雪で、磐梯吾妻スカイラインの開通も1週間程遅れたようだ。例年より少々、調子の狂う季節感となった今春。高湯へ春の湯遊びに行くなら、4~5月にかけて訪れたい周辺の花見処を併せてご紹介したい。

 磐梯吾妻スカイラインの春の開通を、待ち焦がれた方も多いことだろう。この季節、まだまだ名残の冬が居座る吾妻山は、迫力の雪景が私たちを歓迎してくれる。中でも土湯方面から高湯へ向かう途中、1,622mの最高標高を中心に、鳥子平(とりこだいら)と呼ばれるエリアには、高さ3~4mもの圧巻の雪壁「雪の回廊」が現れる。
 いつもなら5月上旬頃まで見られるこの景色も、異例の暑さとなった今春は、開通直後でも2m程だったようだ(写真/高湯観光協会より)。とはいえ、胸のすく絶景スポットのひとつ「天狗の庭」(詳細はこちらのブログを参照)から、眼下に福島盆地を望む天空の大渓谷「つばくろ谷 不動沢橋」へと抜ける道は早春の涼感あふれる、大パノラマが愉しめる。
 “山笑う”とはよく言ったものだ。この頃になると、高湯も芽吹いたばかりの細かな緑に覆われ、まさにふわりと、微笑んでいるかのような春の気配に満たされる。壮大にして安らかなその景色は、どこか心癒される懐かしい温かさに充ちている。そんな高湯の春を今回は朝昼夕たっぷり満喫しようと、早速、共同浴場「あったか湯」で夜の貸切風呂の予約したがったが、清掃のため、木曜日は休館。営業時間は朝9時から夜9時まで。私たちのように夜に利用するなら、8時半前までには入館したいところだろう。もちろん、館内には男女別の共同の露天風呂もある(大人250円/中学生以上)。

青空に背中を押され急きょ向かった、近くの「不動滝」(詳細はこちらのブログを参照)は、山桜の花吹雪が迎える美しい世界。雪解けに水かさを増した滝は、生命力あふれる迫力だった。心地よい湿気を帯びた春の森も爽快だが、滝までの散策路は急勾配やぬかるみも多い。訪れる際は、くれぐれも足元に注意していただきたい。
[全文を表示]

前のページへ | 1 | 2 | 3 | 4 | 次のページへ

高湯温泉フォトギャラリー